活動情報

ドローン×車でフードデリバリーとは?

2019年7月9日 香港でUber Eatsにより

「Future of Food Summit(食の未来会議)」が開催され、新しいビジネス指標を発表しました。

「ドローン×車」を大きく掲げた。

その中で「Uber Eats」が現在アメリカ・サンディエゴでのドローンを使用したフードデリバリーサービスの実証実験を行なっていて、実現も近いと述べた。←クリック

現在の実験ではドローンのステーションとして車を活用すると言っている。

ドローン×車の導入によりその範囲が広がり、配達可能なレストランの増加やより迅速な可能になり、利用者の増加、利便性の高まりなどが見込まれている。

ただ、東京のような都市部ではドローンの導入については時期尚早のためまだ考えてないと述べた。

ドローンによる配達には、Uberが率いる空飛ぶタクシーの実現化に向けたプロジェクト「Uber Elevate」のために構築された空域管理システム「Elevate Cloud Systems」が利用されている。 これにより、配達ドローンの離陸から着陸までの自律飛行を追跡・誘導できるようになった。

まだまだ先と思われていたドローンを活用した配達が着々と現実味を帯びてきています。

掲載元 https://www.drone.jp/news/20190918110035.html

関連記事